車庫証明の対応もしております

はじめに

普通自動車を購入した場合、警察署で車庫証明をする必要があります。この記事では、車庫証明の方法を簡単に説明します。

冒頭で、普通自動車を購入したら車庫証明が必要だと書きましたが、長野県には、車庫証明が不要な地域が多くあります。(長野市では「戸隠」や松本市では「梓川」など)こちらのリンクから長野県の普通自動車の車庫証明不要地域を調べられます。

車庫証明の手順

管轄の警察署で手続きをする

管轄の警察署に行き、下の必要書類と手数料を支払い、車庫証明手続きをします。

松本警察署の場合は平日(土・日・祝以外)17時15分までの受付

【必要書類】

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 所在図・配置図(別紙参照可※)
  • 使用権原書(賃貸の場合は賃貸借契約書)

必要書類は警察署に置いてあります。

【手数料】

  • 車庫証明申請手数料 2100円
  • 標章交付手数料 500円

警察署で標章の交付を受ける

手続きをした管轄の警察署で標章の交付を受けます。手続きをしたときに何月何日に出来上がると伝えられますので、その日以降に受け取りに行きましょう。大体2~3日で出来上ります。

これで車庫証明手続きは完了です。自分でやっても簡単に出来ます。

車庫証明のご依頼は行政書士へ

車庫証明は行政書士にしか代行することは出来ません。自動車ディーラーや中古車販売店が申請するのは違法になります。手続きは難しくありませんので、時間の都合がつく方はご自分で手続されるか、忙しい方は当事務所にお任せください。

また、自動車ディーラー様や中古車販売店様からのご依頼は、反復継続した案件となりますので、しっかりと内容を検討したうえで見積りを差し上げます。長野県中信地区の事業者様はお気軽にお問合せ下さい。

注意点

虚偽の申請をすると証明書が交付されないことがあります。実は、申請を受けた警察は、所在地まで確認に行っているので、その場所に車庫と認められる土地が無ければ再申請が必要になってしまいます。許可の無い、他人の土地を指定した場合も偽りがバレてしまうことがありますので、不正行為には注意しょう。

タイトルとURLをコピーしました